1. HOME
  2. 教育プログラム

教育プログラム

看護師として、人として、常に成長できる4年間

愛ある看護を実践して本当のやりがいを知るには、知識と技術の学びに加えて、現場での実務経験が必要です。
自立したプロフェッショナルを育てるために、4年間にわたる長期の教育プログラムを編成しています。
学年ごとに単位を認定して学習を進め、看護師のリーダーとして活躍できる実力を養っていきます。

1年目 看護実践能力の基本を習得
フィジカルアセスメント研修
2年目 より具体的な看護実践へ展開
パートナーシップ・ナーシング・システム
3年目 医療チームの一員としてリーダーシップを発揮
多職種との合同カンファレンス
4年目 地域包括医療を目指した医療チームの一員として医療福祉の総合力の向上
退院調整
(家族とケアマネジャーへの在宅援助指導)

その人らしさを活かしながら、高い看護技術と強い気持ちを育てます。

看護副部長(教育)岡本 ゆり

当院の教育プログラムは、病院中心の知識や技術を教えるteachingだけでなく、看護師の能力を引き出し発展させるeducationとして看護職員の能力開発に取り組み、看護師が将来において院内だけに留まらず、他施設や一般社会にも通用する自立した専門職としての能力開発を行います。
当院の医療を担う看護師に重要な技能について、到達目標を設定し行動レベルで明示することによって指導・教育の方向性を明確にし、学習者が自ら学ぶシステムを確立させます。
教育、学習という相互作用を通して教える者も学ぶ者も共に考え、ディスカッションすることによって専門的にも人間的にもお互いに成長することを目指します。

全職員をバックアップしています!

姫路メディカルシミュレーションセンターひめマリア®

エビデンスに基づいたシミュレーション学習で医療人としてのレベルアップを支援しています。

日本に先駆けて導入した高機能シミュレータを使ったスキルトレーニング、シナリオトレーニング、アルゴリズムを体験学習できるようバックアップしています。新人にとって、失敗が許されるシミュレーション研修を受けることは技術だけでなく、精神面での効果も大きなものがあります。さらに看護だけでなく看取り、介護など業務上で想定できるシーンを事前に疑似体験し、臨床現場で本来の力を発揮できるようトレーニング。どんな時も患者さまを第一に考える看護ができるように訓練していきます。

看護職員をバックアップするための教育体制図


臨床研修制度 <修了書授与>

このページのトップへ戻る