Message

先輩メッセージ

資格取得に要した経験は、自分自身への気づきにつながりました

内科病棟に勤務時のこと。興奮した認知症の方に先輩の認知症看護認定看護師が関わり、穏やかになられる様子を目の当たりにし、感銘を受けました。これが大きなきっかけとなって、私も資格取得を目指しました。臨床を離れての勉強に最初は慣れませんでしたが、それらはすべて自分自身の看護や認知症に対する考え方の振り返りにつながる大切な経験となり、現在の活動にも活かされています。
当院で活動する看護師に共通するのは「患者中心の看護実践」です。これは多くの新人の方が「看護師になりたい」と思った根底に、つながる部分があるのではないでしょうか。その思いを大切に持ち続け、当院で活躍してくださるよう願っています。